So-net無料ブログ作成
検索選択

11月30日 1118-萩・東光寺. [旅行]

1118-萩・東光寺
ホテルの前にバス停があります。
萩市内を回っている、「萩循環まぁーるバス」にのって、東光寺に向かいました。100円バスです。

お寺の前でバスを降りたとき、赤い扉が音を立てて開きました。私達がついたのがわかったかのようです。
偶然ですけどね。

中国の明時代の末から清時代の初めにかけての、黄檗伽藍様式で、伽藍配置は竜の形を表した物と伝えられています(パンフレットより)

総門
DSC02791.jpg

DSC02822.jpg


DSC01952.jpg

三門

DSC01948.jpg

大雄宝殿
DSC01958.jpg

早朝なので、まだ陽が入らず地味な感じです。
DSC01961.jpg

この宝殿の横を抜けて裏に回ります。
DSC01963.jpg

本堂裏に約500基の石灯籠が並んでいます。
毛利家3代から11代までの奇数代の藩主が眠る墓所です。
DSC01970.jpg

DSC01974.jpg

朝早いので、誰もいません。静かで厳かな感じです。
DSC02812.jpg

DSC01972.jpg

東光寺を出て、なだらかな坂道を松蔭神社まで散歩しました。
DSC02823.jpg

途中にあった、玉木文之進旧宅
玉木文之進は吉田松陰の叔父に当たり学識に優れ、松蔭の教育にも大きな影響を与えたほか、付近の児童を集めて教授し、松下村塾と名付けた。この塾の名称は後に久保五郎左衛門が継ぎ、松蔭が継承して、名を天下にあげることになったことから、この旧宅は松下村塾発祥の地と言える。
と説明版に書いてありました。
DSC02826.jpg

DSC02830.jpg

DSC02828.jpg

松蔭神社
ここは沢山の観光客が来ていました。
DSC02837.jpg

DSC02849.jpg

境内に茶店ありました。お団子を焼いていましたが、まだ早いので客はいません。疲れたので一休みして、お団子と甘酒を飲んで、タクシーを呼んでもらい、藍場川沿いまで行ってもらいました。



nice!(46)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月29日 1117-萩・堀内鍵曲(ほりうちかいまがり) [旅行]

1117-夕方

高杉晋作公園で出会ったご主人が、高杉晋作の話しを始めてなかなか終わらず、手こずりました。
地図上で鍵曲に行きたいからと云うと道順を丁寧に説明して下さって、分かれました。
公園の隅に咲いて居た、カタバミ。
DSC01938.jpg

DSC01941.jpg

DSC02775.jpg

DSC02776.jpg

鍵曲がりとは
城下町特有の道で、外部からの侵入に備えて、道を鍵手に曲げ、塀を高くして見通しを悪くした道のようです。

DSC01944.jpg

DSC01945.jpg

結構歩きました。
少し薄暗くなってきたので、夕食をとりたいと思ったのですが、店は閉まっていて、観光客も少なくなりました。
パンフレットに載っている店に行こうと思ったのですが、方向がわかりません。
近くの方にお聞きすると,「この店は早く閉めてしまうので、多分もう閉まっているでしょう。ここへ行くとまだあいていると思いますよ」と「カフェテリア異人館」への道を教えてくれました。
DSC02786.jpg

DSC02785.jpg

若いカップルが一組いましたが、すぐ出て行かれました。軽食しかありませんが軽く食べて済ませました。
タクシーを呼んでもらって、ホテルに戻りました。
DSC02790.jpg

ホテルには食堂はないと云われていたのですが、ホテルは3階からで、2階に居酒屋のような食事をするところがありました。早く気がつけば戻ってきたのに。
都会と違って、暗くなると観光客はいなくなるし、店は戸を閉めてしまうので、とても寂しくなります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--
留守をしています
帰りましたら皆さまのところへご訪問させて頂きます。

nice!(37)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月28日 1117-萩・津和野-5 萩市内 [旅行]

1117-午後 萩市内
萩のホテル駅前をとりましたので、荷物を預けて、駅前からタクシーにのり、中心の菊屋家住宅の入り口当たりで降ろしてもらいました。

菊屋家住宅に入りました。
萩藩の御用達を勤めた豪商だそうで、広い敷地内に重要文化財だそうです。
立派なお屋敷でした。
案内人が付いていろいろ説明してくれました。

書院から見たお庭
DSC02760.jpg

DSC02762.jpg

DSC01925.jpg

DSC02765.jpg

DSC01915.jpg


DSC01916.jpg

DSC02756.jpg

DSC01920.jpg

菊屋家住宅の西側の通りを菊屋横町と呼ばれていて、白壁が続きます。
DSC01931.jpg

DSC01935.jpg

DSC01937.jpg

高杉晋作の生誕地
DSC02772.jpg

DSC02773.jpg

DSC02778.jpg

少し先に高杉晋作広場があり銅像がたっていました。
指月山の方角を向いているそうで、公園に対して斜めに建っていました。
指月山は萩城があったところだそうです。

----------------------------------------------------------------------------
留守をしています。
帰って来てからご訪問します。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月27日 1117-萩・津和野旅行-5 石見美術館 [旅行]

1117-石見美術館
津和野を11:10→JR山口線→11:50益田で山陰本線に乗り換えます。

津和野から増田へ行く山口線です。一両編成。
DSC02733.jpg


DSC02737.jpg

お客はまばら
DSC02736.jpg

車窓から。
DSC02738.jpg

DSC02739.jpg

益田駅改札
DSC02740.jpg

DSC02741.jpg

乗り換えの時間があるので、その間にタクシーで、石見美術館へ行きました。

島根県立石見美術館コレクション展「美しき天然・大下藤次郎の水彩画展」
を見るために寄りました。

明治の方のようですが、30点ほどの作品が展示されていました。
近代日本の水彩画のパイオニアだそうです。
主人はこれが見たくて今回の旅行を計画したようです。

ネットからお借りしました。
 
美術館の中庭にクリスマスツリーの準備が進められていました。

DSC02742.jpg

DSC02743.jpg

DSC02745.jpg

美術館の回り
DSC02746.jpg

DSC02747.jpg

バスで益田駅まで戻りました。時間があったので、駅前のカフェで軽く食事をとり、山陰本線に乗り込みました。
1両編成のいい感じの車両です。
車窓から。
のどかな駅が続きます。
DSC02749.jpg

DSC02750.jpg

DSC02751.jpg

日本海です。
DSC02752.jpg

DSC02753.jpg

東萩駅には14時半頃着きました。益田から約1時間ぐらいでした。
ホテルは駅前なので、荷物を預けてさっそく散策に出ました。



nice!(41)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月26日 1117-津和野-4 太鼓谷稲成神社 [旅行]

1117-早朝 津和野-4・太鼓谷稲成神社

フロントで「昨日は駅前でタクシーがつかまらなくて歩いた」という話しをすると、この地域ではタクシーは流していることはなく、電話して呼ばないと来ないのだそうです。

そこで翌朝の8時に迎えに来てもらうよう頼みました。
朝食は純和食バイキングです。家庭料理のような感じで私としては好みの朝食でした。

朝8時に車はホテルの前に来てくれました。
運転手さんが、『この地域は呼ばないと来ないからここへ電話するように」と名詞をくれました。
津和野駅に寄って荷物をロッカーに預けて、太鼓谷稲成神社に向かってもらいました。

太鼓谷稲成神社

今朝は霧がかかって、良い感じです。
この神社は階段を300段弱登らないと行かれませんが、タクシーで上まで行ってくれるというので、階段は下りのみにしました。
着いたときは誰もいません。一番乗りです。
それでも少し経つとぱらぱら観光客が登ってきました。それでも数人です。
DSC02711.jpg

通称 津和野おいなりさん。 稲荷→稲成と書きます。
DSC01780.jpg

DSC01782.jpg

DSC01785.jpg

DSC01791.jpg

お掃除をしていました。
DSC01793.jpg

DSC01794.jpg

霧がかかり朝日が入って来て、幻想的な風景です。
DSC01813.jpg

赤いとんねるの階段を下りていきました。
DSC01825.jpg

DSC01841.jpg

上を見ると,この階段を下りてきました。鳥居がびっしりです。
DSC01860.jpg

弥栄神社の前に鷺舞いのモニュメントがありました。
鷺舞いは弥栄神社に伝わる古典芸能神事です。7月20日の祇園祭に舞われます
この時期に行ったら見る事が出来るようです。
DSC01871.jpg


DSC01874.jpg

弥栄神社
DSC02719.jpg

DSC01893.jpg

昨日は濁っていたこの水もきれいになっていました。
DSC01883.jpg

主人がカトリック教会のスケッチをするというので、時間つぶしに一回りしました。
DSC02723.jpg

DSC02725.jpg

DSC02726.jpg

DSC02728.jpg

DSC01901.jpg

津和野川沿いに出てみました。
山裾の寺から煙が立ち上り、コスモスがいい感じです。
携帯が鳴り「スケッチが終わった」というので、予定の電車で「萩」に向かうことにしました。
DSC01909.jpg




nice!(40)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月25日 1124-関東地方は雪になりました。スマートメディア [雑]

1124-雪の日

天気予報で雪になると言っていましたが、朝方から本当に降り出しました。
11月に降る雪は珍しいです。
窓から撮りました。
DSC02242.jpg

DSC02255.jpg

DSC02246.jpg

DSC02249.jpg

DSC02252.jpg

スマートメディア
片付けていたら空き箱が出て来ました。
最初に買ったデジカメはオリンパス カメディア 200万画素
そのカメラ用のメディアが スマートメディアでした。
SDカードの2倍ほどの大きさで、厚さが1mmぐらいの薄い物でした。
DSC03097.jpg

ヨドバシの値段が付いていて、32MBで¥12,000
驚きですね。
DSC03099.jpg

今安くなったのが実感として感じました。ありがたいです。
でもこの時はPCに画像がデジタルで取りこめるという事で飛びついたのです。

それまでは画像をパソコンに取りこむにはスキャナーでスキャンしなくてはなりませんでしたから。
こんな画像が欲しいと思うとフィルムで写して、現像に出して、焼き付けて、それをスキャンしてやっとPCに使えたのですから。
そのころは画像素材というのがCDに入って売っていましたけどね。
今はネットから自由に使えますから楽ですよね。



nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月24日 1116-津和野-4 カトリック津和野教会 [旅行]

1116-津和野の町並み

案内書を見ながら、メインの場所に出てみました。観光客もそれほど多くなく、静かな町です。
イチョウ並木が目立っていました。
5月には水路沿いに花菖蒲が咲き、鯉が泳ぎパンフレットの風景になります。
DSC01751.jpg

DSC02699.jpg

沢山の鯉がいましたが、水が濁っていて、良くありませんでした。
DSC01774.jpg

旧津和野藩家老多古家表門(門だけでした)

DSC02686.jpg

DSC02687.jpg

DSC02692.jpg

DSC02694.jpg

津和野町役場津和野庁舎

DSC02701.jpg

あちこちにツワブキの花が咲いています。
津和野の名の由来は,ツワブキの花が咲いている野からきているそうです。
DSC02702.jpg

DSC01763.jpg



DSC01769.jpg

DSC01770.jpg

DSC01771.jpg

ここではあちこちに赤いポストに出会います。町にとけ込んでいます。
DSC01772.jpg

なまこ壁が結構目に付きました。
DSC01947.jpg

カトリック津和野教会
DSC01752.jpg

DSC01755.jpg

DSC02708.jpg

4時過ぎたので、観光客もまばらになり夕食を何処かでとりたいと思ったのですが、食事するような店はほとんど無く
観光案内所に行って、タクシーは何処で拾うのかときくと、いつもは駅前に止まっているけれどもと言う話し。

ホテルまで行きたいというと、「あそこに見えるのが、津和野ホテルです。」
見ると少し小高いところにビルが見えます。
地図では川の反対側で遠そうですが、すぐですよと言われて歩くことにしました。
ガラガラひいて、とぼとぼ登っていきました。
それでも思ったほど遠くはなく良かったです。
食事もホテルでとることが出来、薬草風呂に入って疲れをとって休みました。




nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月23日 1121-築地 [撮影]

1121-築地

築地にはむか〜し一度行ったことがありましたが、中に入ったのは初めてです。
8時半についたのですが、お仕事は終わりかけで、片付けている店もありました。

市場の中はターレ(市場の中を荷物を運ぶ運搬車。正式にはターレットトラックというそうだ。)が右往左往結構なスピードで動き回り、活気を感じました。
常に前後を注意していないとぶつかりそうです。
DSC03062.jpg

DSC03057.jpg

建物はカーブしています。元はなんだったのでしょうね。
DSC03035.jpg

DSC03041.jpg

DSC03042.jpg

DSC03060.jpg

懐かしい籠の人もいました。
DSC03040.jpg

この方のさばき方はかっこいいのだそうです。
刀のような長い刃物で切りさばいていきます。
DSC03020.jpg

築地市場を上から見るとこんな感じ。
DSC03072.jpg

はかりの墓場?
DSC03086.jpg

築地場外市場は物凄い人でした。
卵焼きを買って来ました。 お寿司も食べてきました。
DSC03092.jpg





nice!(40)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月22日 1120-城山公園の紅葉 [朝散歩]

旅行は一休みして、朝散歩です。

1120-城山公園
家から歩いて30分ほどのところにある公園です。
この広場に大きなモミジの木があるので、紅葉しているかと期待していって見ましたが、まだでした。

行く途中の五社神社
DSC02927.jpg

ここにも大きなイチョウのご神木がありますが、まだ青い感じでした。
DSC02926.jpg

公園の入り口の竹林の道。
DSC02929.jpg

DSC02934.jpg

イチョウはきれいに黄葉していました。
DSC02935.jpg

DSC02943.jpg
お目当てのモミジはまだ緑でした。
DSC02939.jpg

上から見たバラ園がきれいだったので降りてみましたが、近くに行くと傷んでいました。
綺麗どころを写しました。
DSC02948.jpg

DSC02952.jpg

DSC02956.jpg




nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月21日 1116-津和野-3 永明寺(ようめいじ) [旅行]

1116-永明寺(ようめいじ)
マリア堂から降りてきて、少し離れたところからまた登っていきます。曹洞宗のお寺です。
歴代の津和野城主の菩提寺だそうです。静かな、時間の止まったようなお寺でした。
DSC02669.jpg

DSC01748.jpg

女性4人組と出会いました。
DSC01728.jpg

かやぶき屋根の本堂。手前は中雀門。
DSC01733.jpg

DSC01736.jpg

中雀門
DSC01741.jpg

山門
DSC02671.jpg

山門を出て坂を下って行くと年配の男性に、森鴎外の墓をみて来たか尋ねられました。
イヤ見てこないというと案内して下さり、再度この坂道を登ることに。
すぐそこだと言うのでついていくとお寺の中まで戻る羽目に。
DSC02676.jpg

森林太郎墓 とほられています。津和野の出身だそうです
DSC02681.jpg

DSC02681-2.jpg

回りにはこけむした古い墓石がありました。
DSC02684.jpg





nice!(40)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー